保護者のための10の心得

 

ノルウェーサッカー協会が作成したものを島根県バスケットボール協会競技力委員長の森山恭行氏がミニバス用にしたものです。恩方若駒MMBCのホームページを参考に一部改訂してあります。

 

① 試合や練習を見に行ってあげましょう。

 ―子どもたちはそれを望んでいます。


試合や練習ではチームのすべての子どもたちを応援してあげましょう。

 ―コートではみんなががんばっています。


調子のよいときだけではなく、悪いときも勇気づけてあげましょう。

 ―批判ばかりではなく、温かく見守ってあげてください。


指導者の指導方針を信頼しましょう。

 ―指導者の批判をしていると、子どもたちに悪影響を及ぼします。子どもたちのために一緒にがんばりましょう。


キャプテンや副キャプテンの意見を尊重してあげましょう。

 ―みんなチームの子どもたちです。がんばりを評価し、温かく見守ってあげてください。


審判はインストラクターをみなしましょう。

 ―審判の批判をしてはいけません。審判も子どもたちのために一生懸命なのです。


子どもたちが参加することを刺激し、勇気づけてあげましょう。

 ―プレッシャーを与えるのではなく、子どもたちが練習・試合に参加しやすい環境をつくってあげてください。


試合が楽しかったか、子どもたちに聞いてあげましょう。

 ―勝ち負けだけが大切ではありません。


クラブの仕事を尊重しましょう。

 ―積極的にコーチや保護者のミーティングを持ち、どのような態度でクラブに臨むべきか話し合いましょう。


忘れないでください。ミニバスをするのは子どもたちです。

 ―お父さん、お母さんではありません。